絹の糸を用いたシルキー脱毛での処理

顔にはたくさんの色の薄い、目立たない産毛が生えています。色が透明に近くて、弱い毛質であることから、そのまま処理しない人もいるでしょう。



しかし意外と顔のムダ毛は、その人のお肌の美しさを妨げることにもなっています。



顔のムダ毛を処理するなら、シルキー脱毛で絹の糸を用いた方法でのお手入れもできます。

日本国内においては、それほど認知度も知名度も高くない方法ですが、じわじわと関心を集め雨用になってきています。

絹の糸を使う方法は簡単そうに見えて、意外と高度な技術力も必要とします。

国内のサロンでもこうした、絹の糸を用いた手法を、積極的に学ぼうとする前向きな女性も増加しています。
エステサロンでもこうした、絹の糸を使用したムダ毛処理方法を、エステメニューに取り入れているサロンも出てきています。


シルキー脱毛の大きな特徴は、一般的なエステなどのような、脱毛機器を使用しないことです。


お肌にはパウダーを塗布して、糸によって包みこむように、優しく滑らせたいとの効果によって、産毛を除去していきます。

これには知識と技術力、そして経験が必要になります。

それを兼ね備えた、プロのエステティシャンによっての施術は、痛みを感じることはないです。



絹の糸での処理は、産毛をパーフェクトに抜き取りますから、処理したあとに毛穴の開きが目立つことも皆無です。

き秋での処理に抵抗があるとか、顔の産毛を重点的に処理したいなど、そうした希望を持つ人には向いている方法です。