レーザー脱毛は冬から始めるのがベター

レーザー脱毛を受ける人のほとんどが、初夏から行動を開始します。

肌の露出が増えてきて、ムダ毛が気になり始める季節だからです。


冬にも当然ムダ毛はありますが、衣服で隠れているためあまり気になりません。

人前で肌を見せる季節にこそ、気になってくるのは当然です。


毎年カミソリや毛抜きなどを使ってムダ毛を処理している人も、夏が近づいてくると憂鬱になってきます。

面倒なだけでなく、カミソリ負けやかぶれなど、肌トラブルを起こした経験がある人が大半でしょう。いっそ永久脱毛をしてしまおう、と思いつくのが初夏というわけです。

しかし、初夏からクリニックに通うのは、正直言って遅すぎます。

脱毛が終わるころには夏は終わっているでしょう。

ツルツルの肌を夏に気にせず露出できるようにするには、冬頃から通い始めるのがベターです。

またレーザーが紫外線の強い季節には向いていないこともあり、春夏にはお勧めできません。

しっかりとした新宿の医療脱毛に関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

レーザーによる脱毛は、メラニンと大きく関係しています。
光を照射して毛根にダメージを与えるのですが、主に毛根のメラニンに照射する仕組みです。

毛根のメラニンは光を吸収しやすいため、効率的に毛根にダメージを与えることができます。

しかし春や夏は、紫外線が強い季節ですので、毛根以外の部分にもメラニンが発生しています。



毛根以外の場所にもレーザーが当たり、肌トラブルに発展しやすくなります。色の黒い人や、日焼けをしている人が、レーザー脱毛を受けられないのはそのためです。